2010年4月22日木曜日

【記事】デルからQWERTYキー搭載Androidスマートフォン「SMOKE」



スマートフォンにはQWERTYキーボードが必須なんだという層を写真だけで喜ばせそうなこの端末は、「SMOKE」という名前のAndroid スマートフォンです。Engadgetが入手したデルの資料に掲載されていたもので、当然ながら公式には未発表。Thunderのようなハイエンド端末ではなく、デザインも機能も価格もバランス良くという人向けとされています。

仕様表によるとSMOKEに搭載されるのは、2.8型のQVGAディスプレイ、800MHzのQualcomm MSM7230プロセッサ、オートフォーカス付き500万画素カメラ、32GBまで対応のmicroSDスロット、WiFi(b/g)、Bluetooth 2.1+EDR、電子コンパス、加速度センサなど。ただモック写真とはいえ、縦横比を考えてもディスプレイはQVGA(320x240)には見えない気がします。

OSはAndroid次期バージョンのFroyoで、ブラウザはFlash 10をサポート。大きさは59.8 x 10.5 x 120mm......とありますが、こちらも写真と見比べると縦横比がおかしい感じ。とりあえずはスレンダーな写真のほうが正しいと信じておきましょう。発売は2011年Q2の予定。公式発表されたとしてどこまでこの内容どおりになるかは分かりませんが、種の多様性を保つためにも端末デザインは守りぬいて欲しいものです。
http://japanese.engadget.com/2010/04/22/qwerty-android-smoke/



---------
キーがあると安心しますよねw
でも解像度が犠牲になっててちょっと残念?
発売が来年なのはちょっと遠いですねえ。