投稿

【実録体験レポート】 #胸腺腫 摘出手術を体験してきた!

2021年4月23日、突然咳がひどくなり、かかりつけ医にかかる。 このときの処方は、カロナール錠300、フェキソフェナジン60ミリ コルヒチン錠0.5ミリ、イソジンガーグル液7%30ml 念の為、PCR検査を翌日に受けるも陰性 4月27日は血液検査を受けるも、なぜか凝固不能で計測できず。 5月06日には、セフカペンピボキシル100ミリ、クラリスロマイシン200ミリ、 プラデスミン配合錠、アンブロキソール15ミリ、フスコデ配合錠の7日分処方に変更 5月13日に同じ処方で7日分処方 5月20日、同じ処方で7日分処方と血液検査。 この時、白血球数が122あり「なんらかの炎症があるんだろう」との判断 5月27日、同じ処方で7日分処方 6月01日、同じ処方で7日分処方 6月08日、同じ処方で7日分処方 6月13日、トラネキサム酸錠50ミリ7日分処方 6月15日、血液検査:結核菌陰性、アビウム陰性、イントラセルラー陰性 クレブシエラ検出、緑膿菌検出 6月17日、同じ処方で7日分+トラネキサム酸錠50ミリ4日分処方 6月27日、アンブロキソール15ミリ、トラネキサム酸50ミリ、フスコデ配合錠14日分処方 6月29日、血液検査:白血球数104、PT-IgG 14、FHA-IgG 38(百日咳抗体) 7月06日、アジスロマイシン250ミリ3日分処方、百日咳と診断される。 7月08日、セフカペンピボキシル100ミリ、クラリスロマイシン200ミリ、 アンブロキソール15ミリ、フスコデ配合錠 7日分処方 7月11日、カルボシステイン錠500ミリ、トラネキサム酸50ミリ、フスコデ配合錠 7日分処方 ここでかかりつけ医からCT検査を受けるように指示を受ける 7月13日、紹介状持参で放射線科クリニックを受診、胸部に28ミリの腫瘍ありと診断 撮影画像を持たされ、かかりつけ医に渡すように言われる。 (中略) 8月05日、血液検査:白血球数118 百日咳抗体、PT-IgG 15、FHA-IgG 58 ここでかかりつけ医が、 「奇形腫、胸腺腫、甲状腺がんの3つが疑われるので胸部外科か、呼吸器外科を探せ」 と言われる。 その日のうちに東京都内の呼吸器外科を探し、かかりつけ医に報告 医療機関同士の提携予約により、紹介状が出され、診察予約が入る。 8月17日、呼吸器外科を受診、次回に造影剤を使用してCT撮影と

【日本酒】下戸が考察する「イクラの醤油漬け」で使う日本酒

イメージ
先日、ご近所の奥さんから、パソコンについてサポートを求められたので 作業用パソコンで、お手伝いをしてきました。1時間ほど。 この奥さんは有資格者なので、仕事でパソコンを使っているのですが、 パソコンの仕組みや理解度は、ほとんど無く キーボード入力と作業用の専用ソフトだけが使える程度にしかパソコンが使えないため 業務で必要なオンライン申請であるとか、eラーニングなどで業務的に必要な オンライン講習などをするように案内を受けても、それがどういうものか理解できず 困り果てて、私に助けを求めてくる。 ということが時々あります。 パソコンが使える人から見れば、「ああ、ここはこうすると出来ますよ」 と、なんでもないレベルではあるのですが、年金受給者世代には 解説や説明を噛み砕いて「ここはこうなっているので、この部分でこの操作をすると こうなりますので、ここにあるボタンを押して操作をすると、必要なこれが出来ます」 ぐらいまで噛み砕かないと理解が及びません。 ご近所でお互い様な間柄こともあって、連絡が来たら 「はいはい、今行くので ちょっと待っててください」 と、駆けつけてはサポートをしているので、奥さんも気兼ねなく連絡して くるようになりました。 先日も、いつものように解説して帰宅し、いつも通りネットを見ていると 23時過ぎに奥さんがやってきて、 「これ、さっきのお礼に!食べて!」 と、半額シールの貼られた貴重な生筋子を持ってきてくれました。 私は丁重にお礼を言って受け取りました。 ここらへんが下町的で恩義は必ず返してくる土地柄なのかもしれません。 2021年8月下旬頃に、東京都内で初入荷をした生筋子の価格は 100g980円でした。 とても高すぎて買うのもバカらしい上に粒もまだ小さく、 「いやいやいや、こりゃあ買えないわ」 と、スルーしていたのですが、奥さんが買ってきたのは特価品で100g680円の さらに半額シールを貼られた生筋子。 100g340円というなら、「それなら買ってもいいよね」 と思える価格です。 というか、私が見ても買う価格でした。 さて前置きはこのぐらいで本題に。 近年の生筋子価格は安くても100g580円~698円ぐらいしており、 一番安かった10年ほど前だと100g380円だったこともあり、 「いやあ高いわ、買わない買わない」 と、何年もいくらの醤油漬けを

【ガジェット】Baseus Japan Type-C仕様で世界初のQC 5.0とPD/PPS充電規格も対応する100W充電器を発売

イメージ
深センBaseus Technology Co.、Limitedの下にある家電ブランドBaseusは 2021年7月31日よりAmazonにおいて、世界初QuickCharge5.0対応100W出力の Type-C充電器を発売しました。 Amazonでの販売価格は、5599円ですが2021年8月15日までは15%オフのクーポンが 適用されるため、 4759円で購入 できます。 日本国内ではAmazonでの販売の他に、 ツイッター公式アカウント も開設し フォロー&リツイートキャンペーン をしていました。 が、筆者はやたらとリアルラックの高いおかげか、たまたま応募者が38人しか いなかったせいなのか、うっかり当選しました。まじかよ… 数日して当選賞品が届いたので、さっそく開封の儀! 箱の中には、充電器本体が保護シートで包まれている状態と、バンド付きType-Cケーブル 使用説明書とマスコットシールが入っていました。 公式サイト によると、重量は178g、サイズは67x30x55 mm サイズはコンパクトでありながら、重みを感じます。 箱パッケージは割りと丁寧に作られている他、充電器の保護シート、 Type-Cケーブルに束ねる用のマジックテープバンドがあるので、 いわゆる安っぽい中華充電器ではなく、丁寧さを感じます。 検証を詳しく実施したのは、OREFOLDERさん https://www.orefolder.net/2021/08/baseus-gan2-fast-charger-1c-100w-us/ ガチめに、検証しているので詳細はこちらに。 QuickCharge5.0対応のスマホは、おそらくまだ登場していないため、 通常では、USB PD2.0/3.0対応のスマホ、または大容量給電を必要とする MacBookProやノートパソコンなどで活躍しそうです。 今後は、充電器やモバイルバッテリーで絶大な人気と信頼のあるANKERと 競合することになりそうですが、ANKERはAmazonだけではなく、 すでに家電量販店やセブンイレブンなどのリアルストアでも販売流通網に 商品を流通させていますので、今後の展開が楽しみです。

【スマホ】AQUOS R6用ロボクル対応ケース

イメージ
シャープのAQUOS R6発売され、発売日に購入(機種変更)をして 問題だったのは、ロボクル(純正卓上充電器)対応のケースが出来るどうかでした。 当時、Amazonでの取り扱いで確認出来たのは、ラスタバナナさんの トライタンを使用したハードケースでした。 AQUOS R6発売前にAmazonで注文し、ラスタバナナさんのケースを用意した上で 機種変更をし、ファミレスでハードケースの取り付けを行いました。 しかし、電源ボタン部分がやたらと硬く電源ボタンを押すことが硬くてつらい という状態でした。 「使っていたら熟れて大丈夫になるかもしれない」 と思いつつも一向に硬い状態のまま、ストレスを抱えながらスマホを使うことになり Amazonのレビューで確認してみました。 なんと、レビュー全員が「電源ボタンが硬い」とレビューしている状態。 ラスタバナナさんと言えば、大昔にガラケーで交換用の光るアンテナを発売して 私も何本も購入しているメーカーだったので、かなりの落胆がありました。 先日、家電量販店でふらっとスマホケースコーナーを見ていたところ なんと、ロボクルに対応している他社ケースを発見! 「はあああ?ロボクル対応ケース他にもあったのかよ!」 というわけで、即決で購入! 確認してみると、ケース底面部分はロボクルに対応するため、 最小限にカッティングが見られます。 電源ボタン部分は、隙間部分無しで押し込みが出来る構造。 ※ラスタバナナさんのケースでは、電源ボタン部分が上側1点だけがつながっており それ以外の部分は抜かれており、要するに隙間のある構造になっています。 ケース背面部分はカメラ部分に干渉しないためか、ケース4辺のところが カメラ部分と同じぐらいの凸型エッジがあり、同じ様にディスプレイ側にも 凸型エッジになっています。 ストラップホールは、ラスタバナナさんのケースとは逆にあり、 ケースの左下に配置しています。 おそらく、左下にストラップホールが配置されていることで困ることは 無いと思いますが、すぐに慣れるので問題はありません。 で、肝心な電源ボタン部分ですが、レイアウト製ケースでは 普通のちから加減で押し込みが出来るので、ラスタバナナ製ケースのように 電源ボタンを押すのに硬すぎてちからが要るとかいう、心配は一切ありません。 ちなみに、実はこのラスタバナナ製ケースも、レイア

【コラム】社会福祉予算の減額は本当に正しいのか

イメージ
  このコラムは、中国嫁日記の作者として知られる井上純一先生による 「 キミのお金はどこに消えるのか 」の作中で解説される 「個人の貯金は不幸に耐える力」を元として記載しています。 保険の歴史として海上保険が解説されており、 「保険とは自分が不幸になることに賭けるギャンブルです」 とありますが、その後の 「経済的不幸は感染症のように広がっていくことです  不幸はその人だけで終わらない」 「そしてこれは国の社会保障にも言える」 という重要な解説があります。 まあ匿名掲示板などでも 「貧乏は自己責任」「食えないなら死ねば」「税金を無駄遣いするな」 という論調はよくあります。 では、ここから私の私見による解説です。 通常、普通に働くと、年金保険料、健康保険料、雇用保険、(所得税もですが) を給料から強制的に差し引かれます。 年金保険料はその人の積み立てではなく、その世代で年金を受給する人に 対して作用します。(本人の受給資格にも作用しますが) 健康保険料は、日本国内では皆保険制度により基本的に全員の皆保険制度として 作用し、医療が誰にでも受けられるために存在します。 雇用保険は、単純に失業保険だけのためではなく、現在のように新型コロナウイルス の影響で休業を余儀なくされる従業員のためにも雇用調整金の財源として作用します。 また、職業訓練であったり、ハローワークのような運用、雇用のために必要な 各種制度などにも使われます。 それぞれに、日本国内でいる人を経済的な困窮で不幸にしないための制度です。 例えば、会社勤めでうつ病を発症して休業すると、 健康保険組合から傷病手当が最大で18ヶ月給付されます。 まあ給料が22万円出ていたりすると、ざっくり3分の2ぐらいの14.6万円ぐらいまで 毎月給付され、最大18ヶ月を上限として給付されます。 で、まあ18ヶ月で回復しませんでした、退職になりました。 とすると、就労出来ない状態なので、失業給付は就業出来るまで先延ばしになります。 もちろん、就業出来るようになれば失業給付がそこから給付されます。 しかし、就業できない状況が続いたとしても、まだ給付が受けられる制度があります。 1つは障害年金。これは例えば傷病状態が継続している場合などでうつ病の場合、 精神障害の範囲なので障害年金が給付される場合があります。 2つ目、健康保険と年金の範

【Youtube】「なぜ日本人は痩せてるんだ!?」海外の反応で確認する日本の食文化

イメージ
  Youtubeチャンネル「海外の反応 日本のうわさ」で投稿されているでは 「なぜ日本人は痩せているんだ!?」 という部分で日本の食文化を再確認します。 動画にもありますが、日本で朝食を考えた場合に安価かつ十分な食事量を 要求されるのと、外食に限った話で言えば選択肢は次の通り。 1)コンビニエンスストア 2)朝定食を提供する飲食店(富士そば・小諸そばなどを含む) 3)駅で営業している立ち食いそば屋 などになります。 また、これらの店は24時間営業、もしくは早朝時間帯から営業をしていることが 前提となります。 1番目のコンビニエンスストアは、基本的に24時間営業であり おにぎり・サンドイッチ・惣菜パン・弁当などが常時販売されています。 食品製造工場から1日に3回の配送便で食料供給が行われています。 テイクアウトが前提で1つ1つの製品が完全に個別包装されているため 衛生的で食事の予算の範囲で自由に組み合わせることが出来ます。 例えばおにぎりであれば1個110円から200円ぐらい。 サンドイッチは130円ぐらいから300円ぐらい。 惣菜パンは80円から200円ぐらい。 お弁当は200円ぐらいから600円ぐらい。 飲料はお茶が多く基本的に紅茶以外のお茶類は砂糖が入っていない、 コーヒー類でも砂糖が入っていないブラックコーヒーがある。 砂糖が入っているのは、通常の缶・ボトル入りのコーヒー・紅茶、 スポーツ飲料、レッドブルやモンスターエナジー・コカコーラなどの炭酸飲料、 そしてフルーツジュースなどです。 日本では、砂糖の過剰摂取で成人病や糖尿病になる警告などが広くクチコミとして 知られており、砂糖なしを選択する人が多いほか、もともと緑茶をよく飲む文化から 紅茶以外のお茶に砂糖が入っているというのは存在しません。 このため、日本人がアジア圏などで、飲み慣れたお茶のボトルを買って飲んだら 砂糖が入っていて驚いた!という話は日本人の間では時々聞いてはまた驚く、 ということがあります。 また、これらを提供するコンビニエンスストアは2021年の時点で5万6千件あり、 日本国内で展開しているマクドナルドの店舗数2928店(2021年6月の時点) と約19倍の規模で存在しています。 2番目の朝定食を提供する飲食店です。 主に牛丼チェーン店である吉野家、すき家、松屋に加えて富士そば、小諸

【新型コロナワクチン】実際に受けてみた!ワクチン接種2回目レポート

イメージ
というわけで、 2021年7月20日17時、東京都内の個別接種会場で2回目のワクチン接種を 無事に受けてきました。 当初、7月6日に2回目の接種を予定していましたが、百日咳に感染してしまい ゲホゴホしていたため、個別接種会場の受け付けが 「じゃあ2週間後に延期で予約入れときますねー」  となったため、ちょっと間隔を置いてのワクチン接種となりました。 延期になった当日、予約時間前に個別接種会場に到着すると、 他にワクチン接種をして、既に帰ろうとする人が1人だけ、しかも 次回接種の説明を受けているので、1回目ワクチン接種のご様子。 予診票とワクチン接種券を提出して待合室で待っていると 10分後に呼ばれて、「どちらの腕かご希望ありますか?」 と医師に確認されたので、利き腕を避けて 「左腕にお願いします」と申告。 医師から「では右を向いて、左手はだらっと落としてください」 と言われ、消毒してからワクチンをぷすっと。 一瞬チクっとしましたら5秒かからず、「はい終わりました、お大事にー」 と終わりました。 待合室で経過観察15分待機するように指示されていたので、 スマホでニュースを見ていたら、ちょうど15分経った頃に受付から呼ばれ ワクチン接種券(接種済み証明書の部分)が返却されました。 7/20 17:00 2回目のワクチン接種 7/20 21:00 接種部位に変化無し、発熱無し 7/21 04:33 起床、接種部位にわずかな痛みあり ※睡眠時間5時間19分 7/21 06:00 検温36.7度 7/21 16:00 急な眠気により就寝 7/22 06:00 起床(寝すぎ。後頭部に軽い頭痛) ※睡眠時間12時間45分(普段は4-6時間の睡眠なので異常に長い) 7/22 07:00 検温36.9度 7/22 16:30 検温36.8度(接種部位の痛みは継続) 7/23 11:15 検温36.9度(頭痛無し、接種部位の痛みは低減するも触ると痛み) ※睡眠時間7時間42分(睡眠時間長め) 7/23 23:12 検温36.5度 7/24 11:28 検温36.8度(接種部位の痛み無し、但し腫れ感が目視で確認できる) ※睡眠時間11時間11分(異常に睡眠時間が長い) 7/25 05:35 検温36.6度 7/25 17:55 検温37.1度(なぜこのタイミングで?!) 7/25 22: